福岡の企業法務はお任せ下さい。金山国際司法書士事務所

金山国際司法書士事務所

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

事業承継とは

日本における中小企業の割合は企業数全体の90%を占めており、また、雇用でも70%を占め、日本経済の基礎となっています。


しかし、今、これら中小企業で問題となっているのが事業承継対策です。


事業承継対策の重要性 中小企業では経営者の高齢化が進行する一方、後継者の確保も大きな問題になっています。


事業承継に失敗して紛争が生じたり、会社の業績が悪化するケースもあり、慎重を期す必要があります。


事業承継が失敗すれば、いわゆるお家騒動から事業が不安定になり、売上が下がり、最悪の場合、廃業に至ることもあります。


経営者にとっては遠い将来のこととして認識されており、優先順位が下がり、先延ばしにされることが多いのですが、事業承継対策を取ることは家族にとってだけでなく、従業員に対する責任でもあるのです。


現状の把握

事業承継計画を立案するにあたっては、まず会社の状況を判断することが必要です。


会社の経営資源の状況

1. 従業員の数、年齢等の現状 

2. 資産の額及び内容やキャッシュフロー等の現状と将来の見込み 等


会社の経営リスクの状況

1. 会社の負債の現状

2. 会社の競争力の現状と将来見込み 等


経営者自身の状況

1. 保有自社株式の現状

2. 個人名義の土地・建物の現状

3. 個人の負債・個人保証等の現状 等


相続発生時に予想される問題点

1. 法定相続人及び相互の人間関係・株式保有状況等の確認

2. 相続財産の特定・相続税額の試算・納税方法の検討 等


後継者候補の状況

1. 親族内に後継者候補がいるか

2. 社内や取引先等に後継者候補がいるか

3. 後継者候補の能力・適正はどうか

4. 後継者候補の年齢・経歴・会社経営に対する意欲はどうか 等

 

TELバナー.jpg

上記の画像をクリックして無料相談のご案内ページへ

事務所概要 所員紹介 無料相談 アクセス

Copyright © 2011 金山国際司法書士事務所 All Rights Reserved.