福岡の企業法務はお任せ下さい。金山国際司法書士事務所

金山国際司法書士事務所

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

M&Aとは

「M&A」とはMergers and Acquisitionsの略で、直訳すると「合併と買収」という意味になりますが、事業(営業)譲渡や株式譲渡、資本提携などを含めた広い意味での企業提携の総称として使われています。


M&A手法の分類 「M&A」の手法は、


1.合併(「吸収合併」「新設合併」)

2.買収(「株式譲渡」「新株発行」「株式交換」「事業譲渡」「会社分割」)

3.業務提携(「技術・販売・生産提携」)


に分けることができます。


このうち登記申請が必要なのは吸収合併・新設合併、新株発行、株式交換、会社分割です。


次に、登記申請が必要なM&Aの方法について説明します。


吸収合併・新設合併 合併とは、複数の会社を合体・結合させ、1つの会社にする方法のことを指します。


合併の種類

吸収合併

合併により消滅する会社の権利義務をすべて合併後存続する会社に承継させる合併


新設合併

合併により消滅する会社の権利義務をすべて合併により設立する会社に承継させる合併


いずれも一般的に競争力強化や競争の回避、市場占有率の拡大などのためにおこないます。


新株発行

会社は存続させつつ、経営権を譲渡する手法です。


具体的には一定程度の割合の株式(通常、議決権がある株式の過半数以上)の発行を会社からうけて会社を支配する手法です。


株式交換・株式移転

株式交換とは、複数の会社間で株式を交換することで、親子会社関係を構築させる手法です。


一方、株式移転とは、1つまたは2つ以上の株式会社が全株式を新設会社に発行し、親子会社関係を構築させる手法です。


両手法とも、親子会社関係を構築させる点で共通していますが、株式交換には、一定の要件のもと税務上の優遇措置を受けることができたり、株式移転には、純粋持株会社(ホールディングカンパニー)を中心とするグループカンパニーを編成しやすいといった面がある点などで異なります。


会社分割

会社の事業の全部または一部を他の会社に包括的に承継させ、1つの会社を2つ以上に分ける手法です。


会社の特定事業部門や不採算部門を分離させたりすることで、企業内のある部門をグループ内の別会社や新設会社に移転させて、企業の活性化を図る場合に用いられたりします。


また、高い価値のある資産(不動産など)を譲渡する際に、節税目的等のため、単純売却でなく、この手法が用いられることもあります。

 

会社分割について詳しくはこちら

 

TELバナー.jpg

上記の画像をクリックして無料相談のご案内ページへ

事務所概要 所員紹介 無料相談 アクセス

Copyright © 2011 金山国際司法書士事務所 All Rights Reserved.