福岡の企業法務はお任せ下さい。金山国際司法書士事務所

金山国際司法書士事務所

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談はこちら

会社分割の利用方法  

会社分割を利用した会社の再生方法を事例に即して解説します。


会社分割は、民事再生よりも、スピード面、コスト面、秘密性による企業価値の保持などの面で優れた再生方法と言えます。


(株)博多物産より、今後も継続させる事業と会社継続に必要な資産と負債を持ち出し、新設分割によって新会社を設立する例で解説します。


まず、不要資産や債務を博多物産に残したまま、今後も継続させるべき事業とそれに必要な資産や負債を持ち出します。


方法論としては、「分社型の新設分割」による子会社への事業承継というかたちをとります。


子会社へ承継される事業に伴う資産は5000万円でしたが、負債が3000万円だったため、資本金を2000万円とします。


そして、株主総会などを経て、手続に必要な書類を準備した上で法務局に登記申請を行います。


このように、新設分割により福岡トレイダース㈱(資本金2000万円)を新規設立しました。


物的分割という方法を採った為、福岡トレイダースの株式は博多物産が100パーセント保有することになります。


事業が流出してしまった代わりに、その会社の株式を全株保有することになるため、実質的な博多物産の企業価値は減少していないという理論になるわけです。


ちなみに、この再生方法では、債権者保護手続を省略することも可能です。


全債務を博多物産に残留させるか、移転した債務を博多物産が引き続き保証するかたちにしておけば法律上問題はありません。


結果的に、銀行に知らせることなく会社分割まで終わらせてしまうこともできます。


事業と必要な資産を持ち出した福岡トレイダースは、今後は事業に尽力し、売上をあげる努力をするだけです。


一方、旧博多物産は、『清算』に入ることになるケースがほとんどでしょう。


清算の方法としては、債権放棄などを取り付けて任意で終わらせるパターンと、特別清算や破産などの裁判所が関与する方法があります。

 

TELバナー.jpg

上記の画像をクリックして無料相談のご案内ページへ

事務所概要 所員紹介 無料相談 アクセス

Copyright © 2011 金山国際司法書士事務所 All Rights Reserved.